チャットでインターネットで知り合うこと

自分にとって、インターネットを通じて全く知らない誰かと繋がれることを知った初めてのコミュニケーションツールはミクシーでした。日記を書けば友人からだけでなく、知らない人からコメントを頂きました。また、コミュニティで共通の興味を持つ方と情報交換をするなど容易に繋がれることに喜びを感じていました。

しかし、さらにタイムリーに各個人から発信された情報を取得するツールとしてツイッターを利用するようになりました。発信と受信のタイムラグがより短いことに利便性を感じましたが、他人と繋がるという観点では弱いツールになると思いました。今日において繋がる強いツールと認識しているのは、個人が特定出来た上で繋がれるfacebookです。

名前で検索すれば簡単に遠い友人は勿論のこと、過去に付き合っていた恋人とも簡単に繋がれてしまう怖さがあります。私の知人は、過去にfacebookを利用して出会いを求めていたことがあります。

どういったものか見させていただいたことがあるのですが、facebookに登録されている多くの方が躊躇なく顔を露出している印象を受けました。彼も可愛い女性を画像で確認してメッセージを送っていたようです。

海外のニュースでfacebookを使って浮気をして離婚するケースが増えていると聞き、誘惑が多い一面もあると思います。誰かが悲しむ様なツールにはなって欲しくないと思います。